理事長

中村 和男

Kazuo Nakamura

山梨県甲府市生まれ。京都大学薬学部製薬化学科卒業後、三共株式会社(現第一三共株式会社)に入社。世界的に使用されている医薬品プラバスタチン(商品名:メバロチン)の臨床開発プロジェクトリーダーなどを務め、1992年シミック㈱(現シミックホールディングス㈱)の社長に就任し、日本初のCRO(医薬品開発受託機関)を創業。
近年では、国立研究開発法人日本医療研究機構におけるAMED課題評価委員として参画しているほか、山梨大学客員教授、山梨県立大学アドバイザリーボード委員も務める。
また、1980年代アメリカの代表的芸術家であるキース・ヘリングの世界有数のコレクターでもあり、2007年には山梨県北杜市にキースのコレクションのみを展示する、世界で初めてのプライベート美術館「中村キース・へリング美術館」を開館、館長を務める。

副理事長

塚本 レイ子

Reiko Tsukamoto

山梨ルミエールワイナリー オーナー一族

塩崎ビル社長

理事

渡辺 誠司

Seiji Watanabe

縄文サイエンス&アート発起人

東証一部上場企業にて常務執行役員を担当する傍ら、自らデザインした作品を日本の職人と製作し、銀座などで個展を開催するなど、日本独自の「モノ創りの精神(匠と縄文)」を内外に発信し続けているベンチャーリスト。

中でも世界的に有名なデンハム・ジーンズの創業者デンハム氏のために、日本刀の制法で造った裁ち鋏を特注した話は、後日「和風総本家」の特番で再現され放送されるなど、各方面で大きな反響を呼ぶ。

第95代、96代、97代内閣総理大臣のもと、総理官邸にて中国広報政策を担当した経歴も持ち、現在も国内外の交友の輪を通じ「日本の匠」と「縄文文化」の国際的評価の向上に直結する様々な製作活動に取り組んでいる。

代表会員

山口 源兵衛

Genbei Yamaguchi

京都室町で江戸時代から280年続く帯匠「誉田屋源兵衛」の十代目。京都府生まれ。
1970年代に原始布に衝撃を受け創作を始めて以来、日本全国のみならず、インド・東南アジアの野蚕糸を帯に用いる等、素材の価値を中心に展開。
2002年に日本の原種の繭である「小石丸」の復活と継続、日本の染織技術の活性化に努める。2014年には縄文時代以来の日本の原始布である「大麻布」の復活に成功「麻世妙(まよたえ)」として現代に甦らせた。
本業である帯を中心にものづくりの範囲は枠に捉われず、前衛舞踏家や映画の衣装制作を手がけたり、「傾奇 (かぶき)」をテーマにユナイテッドアローズとコラボレーションするなど、代々受け継がれてきた伝統的な技術を活かしながらも、革新的な作品を発表し続けている。

ジャンベ太鼓・縄文演奏家

茂呂 剛伸

GOSHIN MORO

自ら制作した土器の太鼓「縄文太鼓」をジャポニズムとアフリカンを融合した独自の演奏スタイルで独奏する太鼓演奏家。
2013年には60年に一度行われる出雲大社「平成の大遷宮」にて奉祝奉納演奏を行った。
また、2017年フランス パリ日本文化会館にて縄文太鼓展示会と演奏会を開催し、2018年 フランスで開催されたジャポニズム2018「縄文展」でも、在フランス日本大使館の推薦を受けて、パリ日本文化会館の公式応援プログラムにて演奏を行う。
「縄文太鼓の演奏と制作」を通じ、北海道から世界に向けて北海道の縄文芸術や縄文文化の素晴らしさを発信する活動を行っている演奏家である。